早く治してあげたい!効果のある赤ちゃんのあせも対策は?

赤ちゃんのあせも対策 画像

待望の赤ちゃんが家族に加わり、慌ただしくも幸せな

生活を送っているご家庭が、たくさんあると思います。

 

しかし、どんなご家庭にも悩みはつきものですよね。

 

中でも新生児期から1、2歳ごろまで頻繁に繰り返しやすい
肌トラブルは多くのご両親が頭を抱えている問題です。

 

特に新生児期から1歳ごろに出来る乳児湿疹や赤ちゃんの
あせも対策
に追われている方も多いのではないでしょうか。

 

赤ちゃんのあせも対策 画像

かゆみを伴う湿疹は1日でも早く治してあげたい

と思うのが親心というものですよね。

 

では、一体どんなことをすればいいのでしょうか

 

赤ちゃんのあせも対策や乳児湿疹対策として
有効なのは、やはり病院に行くことです。

 

しかし、赤ちゃんがまだ生後1ヶ月未満であったり、
小児科で別の病気をもらってくるのが心配な方、
薬を塗ることに抵抗のある方も少なくありません。

 

なんとかセルフケア出来ないのかと考えられている方も多いと思います。

 

こちらのサイトでは、そんな方たちのために
オススメのケア用品をご紹介しています。

 

赤ちゃんのあせも対策 画像

口コミで人気の高いものや、添加物や化学物質を

使用していないもの、保湿成分がたっぷり配合されて
いるものなど、多くの種類をご紹介しています。

 

実際に使用された方の感想などもご紹介していますので、
赤ちゃんのあせも対策や乳児湿疹対策にお悩みの方は、
ぜひご覧になってみてくださいね!

 

薬に頼らず、お肌を優しく保護してくれるケアアイテムで、
1日でも早く、赤ちゃんを肌トラブルから解放してあげましょう!

 

 
ファムズベビー

ファムズベビー

ファムズベビーの特徴

全国の自治体で配られる母子健康手帳副読本に
掲載されるほど、信頼性の高い商品です。

ムース状のふわふわ濃密泡が、赤ちゃんのお肌の
バリア機能を高めつつ、肌トラブルを予防してくれます。

赤ちゃんのあせも対策や乳児湿疹、かぶれ、
アトピー、乾燥肌などに効果を発揮してくれます。

ママたちの口コミを中心に人気
集めているケアアイテムです。

価格 2,592円
評価 赤ちゃんあせも対策 評価
赤ちゃんのあせも対策成分 ステアリン酸、グリセリン、PVP
TEA、ジメチコン、セタノール
ファムズベビーの通販情報

<通販会社/販売店>
Fam’s

<商品の内容>
内容量:85g(約1ヶ月分)
種類:ムース泡状保湿剤
添加物:着色料、香料、パラベン不使用

<通販・価格情報など>
・配送料:648円
・代引手数料324円、後払手数料205円
・特典:なし
・返金保証制度:−
・その他:2本以上購入で送料無料

 

 

 
アロベビーミルクローション

アロベビーミルクローション

アロベビーミルクローションの特徴

ホホバオイルやシアバターなどの天然成分を
99%以上配合しているオーガニックコスメです。

大手通販企業である楽天市場やAmazonなどでも
第一位を獲得するほどの実力を兼ね備えています。

刺激に弱い赤ちゃんのお肌を乾燥から守り、
すべすべなお肌へと導いてくれる効果が期待出来ます。

香りもラベンダー&ローズのほのかなアロマ
ママも赤ちゃんもリラックスさせてくれますよ。

価格 2,484円
評価 赤ちゃんあせも対策 評価
赤ちゃんのあせも対策成分 オリーブオイル、ホホバオイル、ヒマワリ種子油
シアバター、イタドリ根エキス
オウゴンエキスなど99%以上の天然成分配合
アロベビーミルクローションの通販情報

<通販会社/販売店>
ALOBABY

<商品の内容>
内容量:150ml(約1ヶ月分)
種類:ミルクローション
添加物:合成ポリマー、シリコン、
アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤不使用

<通販・価格情報など>
・定期購入:初回限定50%OFF
      ※2回目以降は10%OFF
      ※最低継続回数:5回
・配送料:全国送料無料
・代引手数料280円、後払手数料280円
・特典:なし
・返金保証制度:−
・その他:BIGサイズ4,968円(380ml/およそ2ヶ月分)も販売中

 

 

 
For fam(フォーファム)

For fam(フォーファム)

For fam(フォーファム)の特徴

繊細な赤ちゃんのお肌だけでなく、
家族全員のお肌も守るファミリーコスメです。

肌なじみも良く、みずみずしいお肌へと導いてくれる
ボディローションで、卵・大豆・牛乳由来の原材料を使用
していない、アレルギーの方にも配慮された商品です。

子育てに関するトレンドを表彰する「第8回ペアレンティング
アワード」も受賞し、注目を集めています。

日本・アメリカの楽天市場でランキング1位
獲得するほどの実力あるケアアイテムなんですよ。

価格 3,132円
評価 赤ちゃんあせも対策 評価
赤ちゃんのあせも対策成分 5種類のセラミド、アルガンオイル
ヒマワリ種子油、スクワラン、オリーブ種子油
ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン他
For fam(フォーファム)の通販情報

<通販会社/販売店>
magicnumber

<商品の内容>
内容量:300ml(約2ヶ月分)
種類:ミルクローション
添加物:パラベン、香料、エタノール、着色料、鉱物油、
石油系界面活性剤不使用(牛乳、大豆、卵由来の原材料も不使用)

<通販・価格情報など>
・配送料:648円
・代引手数料324円、後払手数料324円
・特典:なし
・返金保証制度:−
・その他:ボディミルクセット(5,638円)は送料無料

 

 

 
ドルチボーレ ミルキーベビーローション

ドルチボーレ

ドルチボーレミルキーベビーローションの特徴

乾燥が原因の赤ちゃんの肌トラブルを
予防してくれるスキンケアアイテムです。

ミネラルがたっぷり含まれた天然水や、シアバター、馬油
配合し、水分と油分もバランスを整えてくれる商品です。

赤ちゃんのスキンケアだけでなく、妊娠線の予防ケア、
ママのハンドケアにもピッタリなんですよ。

ベビモやひよこクラブなどのベビー雑誌でも掲載される
ことが多く、ママたちから人気を集めています。

価格 3,024円
評価 赤ちゃんあせも対策 評価
赤ちゃんのあせも対策成分 3種類のヒト型セラミド、非加熱天然水
馬油、シアバター、ケイ素
ヒアルロン酸ジメチルシラノール他
ドルチボーレ ミルキーベビーローション
の通販情報

<通販会社/販売店>
Dolci Bolle(ドルチボーレ)

<商品の内容>
内容量:150ml(約1ヶ月分)
種類:ミルクローション
添加物:パラベン、着色料、鉱物油、シリコン、合成香料、
アルコール、フェノキシエタノール、旧表示指定成分不使用

<通販・価格情報など>
・配送料:648円
・代引手数料324円、後払手数料324円
・特典:なし
・返金保証制度:−
・その他:−

 

 

 
リセラベビー

リセラベビー

リセラベビーの特徴

口の中に何でも入れてしまう赤ちゃんでも
安心して使えるように、食べることが出来るもの
だけを原材料として使用しています。

極上泡が赤ちゃんのお肌を優しくケアし、
しっとりとしたお肌へと導いてくれますよ。

全身用ですので、顔だけでなくあせもが
出やすい肘などにも使うことが出来ます。

持ち運びが便利なところも魅力の一つです。

価格 4,860円
評価 赤ちゃんあせも対策 評価
赤ちゃんのあせも対策成分 沖縄海洋深層水、オリーブオイル
トウモロコシ、ヤシ、岩塩、アロエベラ液汁
リセラベビーの通販情報

<通販会社/販売店>
Dr.Recella

<商品の内容>
内容量:300ml(約1ヶ月分)
種類:泡せっけん
添加物:パラベン、合成香料、合成着色料、
鉱物油、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤不使用

<通販・価格情報など>
・配送料:540円
代引手数料無料、前払手数料無料
・特典:なし
・返金保証制度:−
・その他:−

 

 

 
エミューの雫

エミューの雫

エミューの雫の特徴

4万年以上も前から愛されているエミューオイルを
100%配合した保湿アイテムです。

天然オメガ3,6,9をバランス良く配合し、
角質層の奥までしっかりと浸透していきます。

高温煮沸や化学処理を行わず、無添加ですので、
安全性も品質も高いところも評価されています。

独特の匂いを持つエミューオイルですが、その匂いを
抑えられているので、使いやすいと評判です。

価格 1,944円
評価 赤ちゃんあせも対策 評価
赤ちゃんのあせも対策成分 エミューオイル100%
エミューの雫の通販情報

<通販会社/販売店>
ユーコネクト

<商品の内容>
内容量:15ml(約1ヶ月分)
種類:スキンケアオイル
添加物:100%無添加、化学添加物一切不使用

<通販・価格情報など>
・配送料:全国送料無料
代引手数料無料
・特典:なし
・返金保証制度:−
・その他:得用サイズ(72ml/およそ5ヶ月分)7,020円

 

 

 
池田さんの石けん

池田さんの石けん

池田さんの石けんの特徴

100%天然由来成分で作られている池田さんの石けんは、
WHOユニセフ認定「赤ちゃんに優しい病院」でも
採用されているほど安全なものです。

日本の三大美肌の湯に数えられる佐賀県の嬉野温泉水の
源泉水を使った肌なじみの良い石けんです。

しっとりぷるぷるのお肌になる水肌石けん、さっぱり
つるつるのお肌になる竹炭石けんの2種類が販売されています。

価格 540円
評価 赤ちゃんあせも対策 評価
赤ちゃんのあせも対策成分 水肌石鹸(馬油、嬉野温泉水)
竹炭石鹸(馬油、嬉野温泉水、竹酢液、竹炭粉末)
池田さんの石けんの通販情報

<通販会社/販売店>
素肌日和

<商品の内容>
内容量:水肌石けん・竹炭石けん各20g(約1ヶ月分)
種類:固形石鹸
添加物:−

<通販・価格情報など>
・配送料:全国送料無料
・代引手数料:324円
・特典:なし
・返金保証制度:−
・その他:−

 

 

 
ホープスリリーフクリーム

ホープスリリーフクリーム

ホープスリリーフクリームの特徴

保湿力抜群の天然由来成分を配合し、
お肌のバリア機能を高める保湿クリームです。

乾燥が原因のカサカサやごわごわ、
むずむずとした肌トラブルを改善してますよ。

医薬品には頼らないというホメオパシーの
考えで、オーストラリアで誕生しました。

政府機関TGAの基準を合格しているので、
安全性、品質共に高い商品だと言えます。

価格 3,780円
評価 赤ちゃんあせも対策 評価
赤ちゃんのあせも対策成分 アロエベラ、カレンデュラ、ゴツコーラ
マヌカハニー、リコリス
ホープスリリーフクリームの通販情報

<通販会社/販売店>
アインズラボ

<商品の内容>
内容量:60g(約1ヶ月分)
種類:クリーム
添加物:−

<通販・価格情報など>
・配送料:全国送料無料
・代引手数料324円、後払手数料205円
・特典:なし
・返金保証制度:30日間全額返金保証あり
・その他:−

 

 

 
アルテナチュラル

アルテナチュラル

アルテナチュラルの特徴

古くからアトピーのケアや、湿疹の改善に
使われていた国産カワラヨモギエキスを配合し、
お肌を健康的な状態へ導いてくれるクリームです。

ステロイド不使用ですので、赤ちゃんのあせも対策や
乳児湿疹、かぶれなどにも最適なケアアイテムですよ。

価格 3,456円
評価 赤ちゃんあせも対策 評価
赤ちゃんのあせも対策成分 カワラヨモギエキスなど
アルテナチュラルの通販情報

<通販会社/販売店>
美粧ケミカル

<商品の内容>
内容量:100g(約2ヶ月分)
種類:クリーム
添加物:−

<通販・価格情報など>
・配送料:520円〜
・代引手数料324円、後払手数料205円
・特典:なし
・返金保証制度:−
・その他:−

 

 

 
薬用カレンデュラクリーム

薬用カレンデュラクリーム

薬用カレンデュラクリームの特徴

何度もぶり返していしまう乳児湿疹や、
赤ちゃんのアトピーや赤ちゃんのあせも対策
強い味方となってくれる薬用スキンケアクリーム。

お肌を修復・保護してくれるカレンデュラという
万能ハーブをたっぷり配合しているので、赤ちゃんの
肌トラブルを改善するには最適な商品なんですよ。

価格 6,480円3,888円
評価 赤ちゃんあせも対策 評価
赤ちゃんのあせも対策成分 カレンデュラなど
薬用カレンデュラクリームの通販情報

<通販会社/販売店>
メルシーケア

<商品の内容>
内容量:100g(約2ヶ月分)
種類:クリーム(医薬部外品)
添加物:着色料、香料、パラベン、エタノール不使用

<通販・価格情報など>
・通常購入:今なら33%OFF
・配送料:全国送料無料
・代引手数料350円
・特典:なし
・返金保証制度:−
・その他:−

 

当サイトのランキングは各赤ちゃんあせも対策の販売実績や口コミサイト

(@cosme,YahooBeauty,amazon,楽天)の評価を元に順位づけをしています。

 

人気の赤ちゃんのあせも対策グッズをランキングでご紹介

この記事では、口コミで人気を集めている赤ちゃんのあせも
対策グッズをランキングで比較し、ご紹介いたします。

 

※画像クリックで拡大
赤ちゃんのあせも対策 画像
・価格は全て税込表示

 

 

数ある赤ちゃんのあせも対策グッズの中から
比較してみると、一番口コミで人気なのはFam’sから
販売されている「ファムズベビー」になります。

 

ファムズベビー 画像

 

ふわふわで濃密な泡を生み出すファムズベビーは、
デリケートな赤ちゃんのお肌をしっかり守ってくれます。

 

保護作用が高く、保湿クリームを使った場合と比べても、
落ちにくく、保護作用が長続きするところがポイントです。

 

使い方もとっても簡単で、1日1回から3回、お肌にさっと塗るだけです。

 

ねんねの赤ちゃんから、動きが活発になってきた小さなお子さん
まで手軽にお肌のお手入れが出来てしまうんですよ。

 

ファムズベビー 画像

 

赤ちゃんのお肌はとってもデリケートですので、
常にお肌を保護してあげないといけません。

 

バリア機能でお肌をケアすることで、服の摩擦や空気の乾燥、
紫外線、乳児湿疹、アトピー、おむつ・よだれかぶれ、あせも
などのトラブルを予防することが出来るんです。

 

ファムズベビーは安心安全の日本製ですし、
品質が劣化しにくいような容器が使われています。

 

ファムズベビー 画像

 

妊娠している方を対象に全国の自治体で配布されている
母子健康手帳副読本」でもファムズベビーは紹介されています。

 

それほど効果や品質が信頼出来るものなんですね。

 

ネットでも口コミやレビューが多く書き込まれており、
多くのママたちがその効果を実感しています。

 

ファムズベビーは大切な赤ちゃんのお肌を守るために
オススメしたい赤ちゃんのあせも対策グッズです。

 

 

ファムズベビー

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

赤ちゃんのあせもの原因は?母乳やミルクも関係してる?

赤ちゃんあせも対策 原因 画像

とってもデリケートなお肌の赤ちゃんは、ちょっとした

ことが原因でガサガサになってしまったり、ぶつぶつや
ジュクジュク、ごわごわなお肌になってしまいます。

 

顔など目に付きやすいところに出来てしまうので、
気になってしまうご両親も多いことでしょう。

 

赤ちゃんのあせもをはじめとした乳児湿疹は
一体どんなことが原因で出来てしまうのでしょうか?

 

赤ちゃんの食事は母乳やミルクですが、
それらと赤ちゃんのあせもは関係があるのでしょうか?

 

今回はどんなことが原因になるのかについて調べてみました。
赤ちゃんの食事である母乳やミルクとの関係も気になりますよね。
ぜひ、最後までご覧になってください。

 

 

赤ちゃんのあせもの原因は?

赤ちゃんの肌トラブルが多い時期は、
新生児期〜生後1、2年だと言われています。

 

特に母乳やミルクを主な食事としている乳児期
肌トラブルが頻繁に起こりやすい時期なんです。

 

赤ちゃんの肌はとてもデリケートですので、ちょっとした
ことが原因で肌トラブルに
繋がってしまいます。

 

赤ちゃんはツルツルのゆでたまごのようなお肌だという
イメージがあるかもしれませんが、実は新生児ニキビや乳児湿疹、
アトピー性皮膚炎など多くの肌トラブルが起こりやすいんです。

 

ですが、どれも原因がハッキリとわからないことが多く、
これらをまとめて乳児湿疹と呼んでいるようですね。

 

赤ちゃんのあせもなどの肌トラブルの原因は、様々あると考えられています。

 

代表的なものだと赤ちゃんの食事である母乳やミルク、
空気の乾燥、アレルギー、汗やよだれ、アレルギーなどです。

 

しかし、複合的な原因の場合もありますので、原因の特定が非常に
難しく、改善策に頭を抱えているママたちも少なくありません。

 

 

赤ちゃんのあせもは母乳とも関係がある?

赤ちゃんあせも対策 原因 画像

 

赤ちゃんの食事は、ミルクではなく母乳で育てているという
ママも多いと思いますが、ママの食事が原因で乳児湿疹
などが出てしまう可能性はあるのでしょうか。

 

ハッキリとした因果関係は明らかにされていませんので、この
食材を食べると乳児湿疹などに繋がるということは言えません。

 

しかし、ママの食事は赤ちゃんにとって大切な栄養です
ので、バランスのとれた食事を心がけてくださいね。

 

  • 野菜などビタミン豊富な食材を多く食べる
  • 甘いものや、脂質の多いものは控える
  • 五大栄養素をバランス良く食べる

 

これらは母乳のママでもミルクのママでも、健康的な
生活を送るために必要なことだとも言えますよね。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹が出来たときに困らないように、
その日の食事などをメモしておくのもいいかもしれません。

 

赤ちゃんのお世話で忙しいとは思いますが、
少しでも原因の特定に繋がるかもしれませんよ。

 

 

 

赤ちゃんのあせもの原因がストレスって本当?どうすれば?

赤ちゃんあせも対策 ストレス 画像

生まれたばかりの赤ちゃんのお肌はとてもデリケート。

 

新生児期〜2歳になるころまでは、
肌トラブルの多い時期だと言われています。

 

赤ちゃんのあせもや湿疹、アトピー、アレルギーなど
お肌について悩んでいるママたちも多くいらっしゃると思います。

 

では、赤ちゃんのあせもや乳児湿疹などの原因は、一体なんなのでしょうか。

 

ストレスが原因になるとも言われていますが、それは本当なのでしょうか。

 

今回の記事では赤ちゃんのあせもや乳児湿疹などの肌トラブルと
その原因やストレスとの因果関係についてご紹介いたします。

 

ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹の原因は?

赤ちゃんあせも対策 ストレス 画像

 

赤ちゃんの肌トラブルの原因として考えられるのは、母乳やミルク、空気の
乾燥、ハウスダスト、紫外線、アトピー、アレルギーなど様々なものです。

 

赤ちゃんの肌は大人と比べても非常に薄く、デリケートです。

 

外から受ける刺激にも弱く、ちょっとしたことが原因で
肌トラブルに繋がってしまいます。

 

しかし、外から受ける刺激の他に、ストレスが原因で赤ちゃんの
あせもや、乳児湿疹になる可能性もあると考えられているのです。

 

人間はストレスを感じると免疫力が低下してしまいますが、
これは赤ちゃんにも同じことが言えるのです。

 

お肌のバリア機能を弱めてしまうこともありますので、ストレスが
原因で肌トラブルに繋がることも十分に考えられるのです。

 

 

赤ちゃんが感じているストレスとは?

現代人の多くの方がストレスを感じている社会ですが、
それは赤ちゃんにも当てはまるのでしょうか?

 

もちろん大人とは違って赤ちゃんは人間関係や仕事の
悩みでストレスを感じることはありません。

 

しかし、もっとママに抱っこしてもらいたい、オムツが汚れていて不快だ、
部屋が暑い、寒い、上手に眠れないなどのストレスがあると考えらます。

 

他にも出産を機に引っ越しをされる方もいらっしゃいますが、そういった
環境の変化でストレスを感じる赤ちゃんも少なくないそうです。

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹とストレス

赤ちゃんあせも対策 ストレス 画像

 

ストレスが赤ちゃんの肌トラブルの原因だとは、ハッキリ解明されて
いませんが、無関係ではないと考えられているそうです。

 

赤ちゃんは大人のように自分でストレスを発散する
ことが出来ず、ただ泣くことしか出来ません。

 

赤ちゃんが感じているストレスの原因をひとつずつ探り
ママたちがそれらを解消していくことで、赤ちゃんの心と身体の
バランスをとるようにしていく必要があります。

 

出産したばかりのママもホルモンバランスが崩れたり、
睡眠不足で体調が優れないことも多いと思いますが、
そんなときはパパがサポートしてくださいね。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹が続くと、どんなことが原因なのだろうと
考え過ぎて、ママたちがストレスを感じてしまうこともあるかもしれませんが、
出来るだけリラックスした気持ちで赤ちゃんと接してくださいね。

 

赤ちゃんのあせもや肌トラブルはいつまで?改善策はある?

赤ちゃんあせも いつまで続く 画像

すべすべでもちもちの赤ちゃんの

お肌って、とっても可愛いですよね。

 

ですが、新生児の頃から一歳〜二歳くらいまでは、
顔や体の肌トラブルが多い時期だとご存知でしたか?

 

特に新生児期は乳児湿疹が多く見られる時期で、
心配になるご両親もとても多いと聞きます。

 

少し良くなったかな?と思っても、すぐにぶり
返してしまい、中々悩みは尽きません。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹などの肌トラブルは
一体いつまで続くのでしょうか。

 

今回は赤ちゃんの肌トラブルがいつまで続くのか
についてご紹介していきたいと思います。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹にお悩みの方は、
ぜひ最後までご覧になってくださいね。

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹について

生まれたばかりの赤ちゃんや乳児のお肌は、
とても繊細でデリケートです。

 

大人と比べても皮膚が薄く、少しの刺激で
肌トラブルに繋がってしまうんですよ。

 

赤ちゃんのあせもやよだれかぶれなどをまとめて、
乳児湿疹と呼ぶことが多いそうです。

 

いつまで続くのかや、具体的な原因がはっきりしないことも多く
対策に頭を抱えているママたちも多くいらっしゃると思います。

 

肌トラブルが起こりやすい場所は、乾燥しがちな頬や皮脂の
分泌の多い頭皮やおでこ、よだれや食べカスが残りやすい
口周りなど、顔に出来やすいという特徴もあります。

 

胸、お腹などの体にも出来ますので、特に
上半身を中心に出来やすい湿疹ですね。

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹はいつまで続くの?

赤ちゃんあせも いつまで続く 画像

 

新生児期の肌トラブルは胎児の時に受けた
ホルモンの影響が原因だと考えられています。

 

脂漏性湿疹というべたつく湿疹が多く、皮膚に
はりついたような状態になることが特徴です。

 

大体は生後2ヶ月〜3ヶ月で落ち着いてきますが、
次は乾燥が原因の乳児湿疹が出来やすくなるそうです。

 

乾燥が原因の湿疹はかゆみもあり、赤ちゃんが手でかきむしって
しまうことも多く、悪化しがちなので注意が必要です。

 

いつまで続くか不安になる赤ちゃんのあせもや乳児湿疹ですが、
一歳になるころには症状が落ち着くことが多いと言われています。

 

それでも続くようならば、アレルギーなどが原因の可能性もある
ので、小児科や皮膚科へ相談することをオススメします。

 

 

肌トラブルはいつまで続く?統計データの結果は?

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹があったかどうか、どれくらい
続いたのかどうかなどの調査を日本アレルギー学会が行い、
その統計データが発表されています。

 

対象となったのはおよそ1,700人の赤ちゃんで、
生後4ヶ月まで…22.0%
生後5ヶ月〜生後10ヶ月…21.2%

 

このような結果が出ています。

 

生後10ヶ月ごろになれば80%近くの赤ちゃんが肌トラブルの改善が見られて
いるようで、その後一歳になる頃には症状が落ち着いているようです。

 

 

 

赤ちゃんのあせもは市販の薬で改善する?それは安全?

赤ちゃんあせも対策 薬 市販 画像

乳児湿疹や赤ちゃんのあせもを経験したという

ご両親はとても多いと思います。

 

中にはかゆみを伴う湿疹もありますので、
少しでも早く治してあげたいと思いますよね。

 

新生児期や乳児の赤ちゃんでも病院へ連れて行くのが一番
ですが、病院で別の病気をもらってしまったらどうしようと思って、
中々足を運ぶことが出来ないというママも少なくありません。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹は市販の薬で治るのでしょうか

 

そして、その薬は安全なものなのでしょうか?
今回はそんな疑問について調べてみました。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹を市販薬で治そうと考えて
いる方はぜひ、最後までご覧になってくださいね。

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹に効果的な市販薬の選び方や種類

赤ちゃんあせも対策 薬 市販 画像

 

「医師が処方してくれた薬の方が効果的だ」

 

そう思われている方も多いと思います。

 

これは、市販薬に効果が無いということではなく、
医師が処方してくれた薬は、たくさんの種類の薬の中から
選び、その子その子の体質や症状に合ったものだからです。

 

医師が実際に診察して、出してくれた処方箋ですから、
症状の進行具合や肌質などが考慮されているのです。

 

市販薬はあくまで素人が判断し、購入するものですから、中には
肌質や症状に合わないものを選んでしまう可能性もあるのです。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹でも、その子の症状や肌質に合った
市販薬を選べば、十分に効果を得ることが出来ますよ。

 

しかし、市販薬でも多くの種類が販売されていますので、
どれを選べばいいのかわからないという方も多いと思います。

 

赤ちゃんのあせもや薬に効果的な市販薬には、
どんな種類があるのでしょうか?

 

 

ステロイド外用薬

皮膚疾患の方の多くがステロイド外用薬
処方された経験があると思います。

 

それほどメジャーな薬ですが、なぜか「身体に悪影響がある」というイメージを
持つ方が多く、赤ちゃんへ使う事を躊躇する方も少なくありません。

 

ですが、内服薬や点滴に使われているステロイドと違い、
皮膚に使うステロイドに強い副作用などはないと考えられています。

 

用法用量をしっかり守れば、肌トラブルを素早く
改善してくれる有効的なお薬なんですよ。

 

 

非ステロイド外用薬

それでも赤ちゃんのあせもや乳児湿疹にステロイド外用薬を
使うことに抵抗があるという方は、市販でも非ステロイド
外用薬がありますので、そちらをオススメします。

 

症状がそれほど重くない場合などに効果的ですよ。

 

 

オススメの市販薬

 

ポリベビー/サトウ製薬

赤ちゃんあせも対策 薬 市販 画像

 

大手製薬会社のサトウ製薬が販売するポリベビーは、
赤ちゃんのあせもや乳児湿疹などの肌トラブルに
高い効果を発揮してくれると有名な商品です。

 

非ステロイド外用薬なので、ステロイドが心配な方でも
安心して使うことが出来ますよ。

 

あせもや乳児湿疹、おむつかぶれ、じんましん、しもやけ
などあらゆる肌トラブルに効果を発揮してくれますし、
妊娠・授乳中のママでも使えるんです。

 

抗ヒスタミン剤がかゆみを抑え、細菌の感染を予防する
殺菌剤や、酸化亜鉛などが配合されています。

 

赤ちゃんのあせもに効果的なケア用品はどれでしょうか?

赤ちゃんあせも対策 薬 ケア用品 画像

とってもデリケートなお肌の赤ちゃんは、少しの刺激で

あせもや乳児湿疹などの肌トラブルに繋がります。

 

特に新生児期から1歳ごろまでは、皮脂のバランスが
不安定なことも原因の一つとして考えられています。

 

赤ちゃんはとっても汗っかきなので、すぐにあせもが
出来てしまいますし、汗や皮脂が原因で乳児湿疹が
悪化してしまうこともあります。

 

そんな赤ちゃんのあせもや乳児湿疹にはどんな
ケア用品を使えばいいのでしょうか?

 

馬油や石鹸、クリームなど様々なものがありますが、
どんな種類を選べば良いのかわかりませんよね。

 

そこで今回は、赤ちゃんのあせもや乳児湿疹に効果的な
ケア用品についてご紹介していきたいと思います。

 

ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹にオススメなケア用品

 

リセラベビー(ドクターリセラ)

赤ちゃんあせも対策 薬 ケア用品 画像

 

極上のふわふわ泡が赤ちゃんのお肌を優しく包み
込むように洗うことの出来るベビーソープです。

 

沖縄の海洋深層水を主にして、岩塩やヤシ、オリーブオイルなど、
口に入れても安全な食品だけを選びぬいて配合しています。

 

万が一、赤ちゃんの口に入っても安全な石鹸なんですね。

 

また、販売元であるドクターリセラでは、子どもたちに多くの自然を残す
ために、石油系界面活性剤を使用しないことをモットーにしています。

 

お肌にも環境にも配慮された優しい商品なんですね。

 

ISO14001も取得している信頼出来るケア用品です。

 

 

ファムズベビー(fam’s)

赤ちゃんあせも対策 薬 ケア用品 画像

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹に効果が高いと大人気の商品です。

 

もちもちのムース状の濃密泡には保湿・保護成分が
たっぷり配合されているですよ。

 

お肌のバリア機能を高めることで、外部からの刺激を
防ぎ、アトピーや乳児湿疹、おむつかぶれ、よだれかぶれ
など様々な肌トラブルをケアしてくれます。

 

全国各地で配布されている母子健康手帳副読本にも紹介
されるほど人気・信頼ともに高いケア用品だと言えます。

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹のケアで大切なこと

ずばり、それは「保湿」です。

 

そのため、クリームや馬油などのケア用品も、赤ちゃんのあせもや
乳児湿疹に効果を発揮してくれるんですよ。

 

どちらも保湿効果が高く、刺激の少ないものですので、
デリケートな赤ちゃんの肌に使用するにはピッタリなんです。

 

お肌を石鹸で清潔にすることも大切ですが、保湿も
しっかりとして、赤ちゃんのお肌を守ってあげましょう。

 

お肌が乾燥してしまうと様々な肌トラブルの原因になりますので、
水分を補給し、お肌の内側からも乾燥しないようにしてくださいね。

 

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹のケアに大切なことは「保湿」

赤ちゃんあせも対策 保湿 画像

可愛い赤ちゃんの肌トラブルは、多くのご両親の

頭を悩ませるタネでもあります。

 

中にはかゆみを伴うものもありますので、一日でも
早く治してあげたい!と思うのが親心ですよね。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹をケアするには、保湿する
ことと、清潔にすることが大切だと言われています。

 

そこで今回は、赤ちゃんのあせもや乳児湿疹に効果的な
保湿ケア用品をご紹介していきたいと思います。

 

ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹に保湿ケアが必須な訳は?

赤ちゃんのお肌を想像してみると、もちもち、すべすべ、
ふわふわなど、綺麗なお肌というイメージがありませんか?

 

ですが、赤ちゃんのお肌はとってもデリケートで、
皮膚の厚みも大人の半分以下なんです。

 

ですから、少しの刺激があらゆる肌トラブルに繋がってしまうんですよ。

 

また、皮脂の分泌バランスも大人と比べて不安定なので、
外部からの刺激に弱く、乾燥しやすいと言われています。

 

このことから、赤ちゃんのあせもや乳児湿疹などの肌トラブルを
予防するには保湿ケアが必須という訳なんですね。

 

 

保湿効果の高い保湿剤はどれ?

 

ファムズベビー/fam’s

赤ちゃんあせも対策 保湿 画像

 

もちもちでふわふわの濃密泡が、敏感で繊細な
赤ちゃんのお肌をしっかり守ってくれるファムズベビーは、
口コミやレビューで大人気なんですよ。

 

保護成分、保湿成分ともに優れた保湿剤ですので、乾燥が
原因の肌トラブルを予防するにはうってつけなケア用品なんです。

 

赤ちゃんのお肌に薬を塗ることに抵抗がある、というママは少なくありません。

 

ファムズベビーは赤ちゃんが本来持つ自然治癒力を高めることを
目指していますので、そんなママたちにもオススメですよ。

 

安心・安全の日本製ですし、全国で配布されている母子健康手帳副読本
にも掲載
されるほど品質も信頼されている保湿ケア用品なんです。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹、おむつかぶれ・よだれかぶれ、
アトピー、乾燥などにお悩みの方にオススメです。

 

 

アロベビーミルクローション(ALOBABY)

赤ちゃんあせも対策 保湿 画像

 

オーガニック基準エコサート認証を取得し、
大手通販企業である楽天市場やAmazonの各部門で
1位を獲得するほど実力のあるオーガニック保湿剤です。

 

ホホバオイル、シアバターなど、厳選された天然成分を99%以上配合
しているので、デリケートな赤ちゃんのお肌に使っても安心ですよ。

 

ラベンダーやローズなどの天然アロマの香りがほのかにしますので、
赤ちゃんもママもリラックス出来るオススメケア用品です。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹に効果的なステロイドの副作用

赤ちゃんあせも対策 ステロイド 副作用 画像

可愛い赤ちゃんのお肌に、あせもや乳児湿疹などのトラブルが

出てしまうと1日でも早く治してあげたいと思いますよね。

 

しかし、デリケートな赤ちゃんのお肌には、どんな薬が
良いのかわからないという方や、ステロイド外用薬は
副作用が心配という方も多くいらっしゃると思います。

 

ステロイド外用薬は、赤ちゃんのあせもや乳児湿疹
などの肌トラブルに効果的な薬です。

 

ですから、むやみに副作用を怖がることなく、医師の指示に従い、
上手に使うことが出来れば、肌トラブル解決への近道となるんですよ。

 

そこで、今回は赤ちゃんのあせもや乳児湿疹に効果的な
ステロイド外用薬についてご紹介していきたいと思います。

 

副作用が心配なご両親も多いと思いますが、
ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹に効果的なステロイドって?

ステロイド外用薬は、5段階の薬効の強さがあります。

 

最強→非常に強力→強力→中程度→弱いの順で、
赤ちゃんの肌トラブルに使用されるステロイド外用薬は、
中程度か弱いものが処方されることが多いようです。

 

他にも非常に強力なものや強力なものを、保湿剤と
混ぜて、強さを抑えるという方法もあるそうです。

 

 

ステロイドで起こる副作用は何がある?

赤ちゃんあせも対策 ステロイド 副作用 画像

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹にも効果的なステロイド
外用薬ですが、副作用が心配な方も多いと思います。

 

一度使ったらやめられなくなるのでは?内臓に成分が
溜まってしまう?肌トラブルがぶり返したり、悪化するのでは?
ステロイドが原因で別の病気になる?

 

このように、ステロイドの副作用に関しては、
様々な憶測や誤解、勘違いが出回っています。

 

まず、ステロイドは外用薬として使用する場合は、
副作用の心配はほとんどありません。

 

ステロイドで副作用を心配するケースは、長期的かつ、多量に
内服薬や点滴として身体の中に摂取する場合です。

 

ステロイドを多量に摂取すると、糖尿病や骨粗しょう症のリスクが
上がってしまいますが、外用薬の場合は心配いりませんよ。

 

点滴や内服薬のように全身に投与するわけではなく、
外用薬は局所的に効果をもたらしてくれるものですので、
副作用による影響は、ほとんど考えられないのです。

 

ただし、これは医師の指示に従い、用法用量を守った場合に言えることです。

 

誤った使い方をし続けたり、自己判断で使用を中止したりすると、
症状がぶり返し、さらに悪化するケースも珍しくありません。

 

また、使っても効かないということにもなりかねませんので、
処方された場合は、必ず医師の指示に従って使用してくださいね。

 

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹の効果的な予防方法は?

赤ちゃんあせも対策 予防 画像

新生児期から1歳、2歳になるころ

までのお肌はとてもデリケートです。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹などのあらゆる肌トラブルが
起きやすい時期ですから、1日でも早く治してあげたい!
と思うご両親は多いと思います。

 

では、効果的な予防方法はあるのでしょうか?

 

そこで今回は、赤ちゃんのあせもや乳児湿疹の
予防方法についてご紹介してきたいと思います。

 

赤ちゃんの肌トラブルにお悩みの方は、
ぜひ最後までご覧になってくださいね。

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹に効果的な予防方法

 

清潔を保つための洗顔と潤いを維持する保湿

赤ちゃんあせも対策 予防 画像

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹の予防方法として
最も効果的なことは、お肌を清潔にすることと、
乾燥させないよう保湿すること
です。

 

汗や皮脂汚れをそのままにしておくと、お肌に雑菌が繁殖して
しまい、それが様々な肌トラブルへと繋がってしまうのです。

 

ですから、お肌の状態を清潔にし、保湿することでお肌のバリア機能を
高めれば、外部からの刺激にも負けないお肌へと生まれ変われるのです。

 

 

母乳やミルクを考える

赤ちゃんの食事である母乳やミルクが、肌トラブルの直接の
原因になるかどうかは、まだ解明されていません

 

しかし、母乳で育っている赤ちゃんは、ママが食べたものの
栄養をそのまま摂取しますので、糖分や油分が多い
食事はあまり良いとは言えませんね。

 

母乳で育てている間は、甘いものや油っこいものを
控えているというママも多いと思います。

 

また、ミルクに関しても、体質的に合う、合わないということがあるそう
なので、他の予防方法を行っても赤ちゃんのあせもや乳児湿疹が
改善しなければ、ミルクの種類を再検討するのも良いかもしれません。

 

 

寝具や衣類は清潔に

赤ちゃんあせも対策 予防 画像

 

これはその1にも書いたことに繋がりますが、寝具や衣類を清潔に
するということは、お肌を清潔にするということにもなります。

 

直接赤ちゃんのお肌に触れる寝具や衣類、タオルなどは、小まめに
洗濯をして清潔を保つことも、大事な予防方法の一つと言えます。

 

まだまだお昼寝の多い赤ちゃんは、1日に何度も布団やタオルを使いますよね。

 

目には見えなくても、汗や皮脂汚れがシーツなどに付着していますので、
タオルやシーツは小まめに交換して、清潔を保ってくださいね。

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹の予防方法について
いくつかご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 

清潔と保湿を意識しながら生活するだけで、
肌トラブルが改善するかもしれません。

 

何度もぶり返したり、症状が続くようであれば、
小児科や皮膚科で相談することも検討してくださいね。

 

赤ちゃんのあせもを予防するには、どんな食事が良いの?

赤ちゃんあせも対策 食事 画像

新生児期から頻繁に繰り返しやすい赤ちゃんの肌トラブル

ですが、どれも原因がはっきりしないことが多いようです。

 

元々の赤ちゃんの肌質が原因であったり、
外部からの刺激が原因であったり、または複数の
原因が重なった肌トラブルであったりと、特定が
難しいのが乳児湿疹なんです。

 

ですが、赤ちゃんのあせもや乳児湿疹は見て
いるだけで辛い気持ちになりますよね。

 

かゆみを伴うものもありますので、1日でも早く治して
あげたいと思うご両親ばかりだと思います。

 

今回は赤ちゃんのあせもや乳児湿疹を予防する
食事についてご紹介していきたいと思います。

 

特に母乳で育てているママは最後までご覧になってくださいね。

 

 

赤ちゃんのあせもを予防するには、ママの食事が大事?

赤ちゃんあせも対策 食事 画像

 

新生児期から乳児期までの赤ちゃんの主な
食事は、母乳かミルクになりますよね。

 

ママの食べた栄養がそのまま赤ちゃんに伝わる母乳育児では、
食事に気を使っているという方も多いと思います。

 

特に、脂肪分や塩分、糖分の多いものを
控えているという方も少なくありません。

 

どれも過剰に摂取してしまうと、赤ちゃんに良いとは言えないからです。

 

ミルクで赤ちゃんを育てているママでも、疲れた産後の身体を
早く回復させるには、バランスのとれた食事が大切です。

 

妊娠中と同様、海藻や野菜、大豆、魚などを
中心にした、薄味の和食がオススメですよ。

 

出産後、疲れが溜まり、甘いものが食べたい!と思うことも珍しく
ありませんが、そんなときは洋菓子ではなく和菓子を食べるようにしましょう。

 

洋菓子と比べて、和菓子の方が脂質が少ないですし、生クリーム
などの乳製品があまり使われていないものが多いからです。

 

乳腺が詰まりやすくなる生クリームは、出来ることなら
避けた方が良いと言われている食材の一つです。

 

もちろん、我慢をし過ぎてストレスを溜めてしまうのも良くありません
ので、多量に摂取しないことを心掛ける程度でも構いません。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹が出てしまったときは、予防・改善の
ために食事内容を一度見直すしてみることをオススメします。

 

 

赤ちゃんの食事はミルクが一番の予防策?

母乳で赤ちゃんを育てている場合は、ママが食事で
摂った栄養がそのまま赤ちゃんへと伝わります。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹に悩むママの中には、
「自分の食事が悪いのでは?」と思い詰め、
ミルクへの切り替えを検討される方も多いそうです。

 

しかし、赤ちゃんのあせもや乳児湿疹の原因の
全てが、ママの食事だということではありませんし、
因果関係もハッキリしていません。

 

予防や健康のためにバランスのとれた食事はオススメ
しますが、無理に止める必要はありませんよ。

 

授乳は、ママとピッタリ触れ合える大切な時間ですし、ママと
赤ちゃん、どちらにとっても精神が安定する作用があります。

 

決して無理に止めようとはせずに、食事のバランス
考えて、栄養たっぷりのご飯を食べてくださいね。

 

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹と予防接種の関係は?

赤ちゃんあせも対策 予防接種 画像

あせもや乳児湿疹などの肌トラブルが多い時期は、

新生児期から1歳、2歳ごろまでと言われています。

 

そして、予防接種が始まる時期は大体生後2ヶ月ごろ
からですので、ちょうど肌トラブルのあるときと被って
しまうというケースも珍しくありません。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹がある場合、
予防接種を受けてもいいものなのでしょうか?

 

もしかしたら、悪化してしまうのでは?

 

そう不安に思われるご両親もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は、赤ちゃんのあせもや乳児湿疹と
予防接種の関係性についてご紹介していきたいと思います。

 

ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹があると予防接種は受けられない?

赤ちゃんの肌トラブルが多い時期と、予防接種を打ち始める
時期と被ることが多いので、「湿疹があるときは予防接種を
受けられないのか?」という質問を受ける病院も少なくありません。

 

このように事前に問い合わせをすることが一番安心ですが、基本的には
湿疹があっても予防接種を受けることは出来るそうですよ。

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹は、原因がハッキリしない
ことも多く、アレルギーなどが原因でなければ、予防接種が
与える影響は少ないと考えられています。

 

しかし、予防接種する場所に傷があったり、
ジュクジュクしていると打てないこともあるそうです。

 

 

予防接種を打ったら肌トラブルがひどくなった!?

赤ちゃんあせも対策 予防接種 画像

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹があるときに、予防接種を受けたら
悪化してしまったという意見や、注射後に湿疹が出るようになった
という意見が、ネット上で書き込まれていることがあるそうです。

 

しかし、湿疹と予防接種に明確な因果関係があると
いうことは解明されていませんし、予防接種の副反応
としては考えにくいと思う医師が多いそうです。

 

もし、予防接種後に湿疹が出てしまった場合は、
アレルギー反応など別のことが原因なのかもしれません。

 

他にはBCG注射を打つ場合は、乳児湿疹よりもステロイド
外用薬の使用に注意が必要だと言われています。

 

ステロイド外用薬を使用した部分は、お肌の免疫力が
下がり、BCGの菌が活性化する恐れがあります。

 

ですから、予防接種を打ってから1週間ほどは、
ステロイド外用薬の使用は控えるようにしてください。

 

再度、ステロイド外用薬を使用する場合は、
医師へ相談してからの方が安心ですね。

 

 

赤ちゃんのあせもや乳児湿疹と予防接種の関係について
いくつかお話しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

少しでも不安を感じられたときは、医師へ
相談し、しっかり指示に従ってくださいね。